いええええええええええええええええええええい!!!!
みんな盛り上がってるぅ?!ダイヤ割ってるう?!
いえー!いえー!千夜一夜いえー!!トゲマクマヤコンいえー!!
ドブったぜ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ぱーーーーーーーーーーーーーーーーーーりーーーーーないっ!!!!!!!!!!!しにます

何度でも言うけどハピエレはあんでPがしんでもしなない不死者だからって何回殺戮してもオッケ〜☆だと思いこんでる節がある。
不死者だって別の不死者に右手を頭にのせられて喰いたいと思われたら消滅するんですよ。わからない人は『バッカーノ!』を見るか読むかしてください。アニメ素晴らしいからぜひ見ていただきたいですね。そうですね。
しぬのも辛いんです。もうね、本当にありがとう。こんな幸せなPがいるだろうか?いや、いない。反語。
一年かけて成長を描いてもらえて返礼祭というとんでもないご馳走を振る舞われ明るい未来までも約束されてるのに追加で「あんでP肉好きっしょ?これ、A5ランクの肉。良ければ」ってね。
他のPにころされるんじゃないか?しなないけどな。
DS…どうかしてるよ…まったくよ…あんがとな。舌の上で肉が溶けるっていうか食べた私の脳みそ溶けてるよ。脳みそあったんか〜いってやかましいわ!
本当テンションがおかしい。何もかもがおかしい。


千夜一夜の感想を書きます。
私は零晃の民でアド薫の民です。そしてあんで過激派です。
テンションもおかしいしまとまってません!腹立つほどまとまってません!
結構削ったのに長いです!でもまとまってないから読むのつらいと思うよ!



■1話
やった〜出羽風(出オチの羽風版)だ〜 カスミ出羽風だぁいすき!
いきなり薫あんで薫が転校生ちゃんに母性を感じる話でした。
ちなみにそんな話ではない。
ホリデー後ですね。
私はね、薫が本気の時しか褒めない転校生ちゃんが大好きなんだ。
薫自身はかっこ悪いと思う姿だったとしてもそれが本気だったらきちんと向き合ってくれるのが大好きなんだ。
今回もそれで「最近はお仕事がんばってて偉いですね」と褒めてくれる。
それに対して「あぁうん、ありがと〜……?」ってなにかな、可愛いな。
そして転校生が去った後、薫は転校生の心配をしてくれてるんですよ。
本人がいないのに心配したってポイントにならない、けど心配をしている。
これ薫の素でしょ?薫3話で保健室のカーテンを閉める姿が好き人間としてはたまりませんでした。
利益のためじゃない行動をする薫は極上の味がする。
そういう風に素直に生きるのが一番魅力的なのに…出来ないんだよね〜…アイドルにむいてるよ薫。

「誰か早めにきてたら、駄弁って時間つぶせるし」
って台詞に「アドニスいてくれアドニスいてくれ大丈夫今回はアド薫の話のはずなんだきっとアドニスがいるはずアドニスアドニスアドニス…」って強く願ってたらアドニスの異様にゆっくりな「羽風先輩」に繋がるRomanしたから本当に…勝鬨あげました…アド薫大勝利のラッパが聞こえる…パァオ〜〜…ほら貝だった……ほらがいとほそがいは一文字違いだからアド薫の勝利にはほら貝が似合う…何言ってんだろう…
もうさ〜「ドアニス」「ドドニス」のセンスのなさが可愛くない?!
そんなイチャつかれても困るよ!
そこから「うちの後輩、顔は怖いけど内気な子だからいじめないであげてね♪」だし…
いやこれに関しては海洋の城の頃から認めてるんだよね。
アドニスくんは本当はいい子だってわかってんだよ。早い時期からな。最高だな。なんか落ち着いてきた。
アドニスの真面目さを「時と場合によりにけり」と言いながら「誠意がある証拠でしょ」って良い方向にとってくれてるの本当に羽風薫でしょ。ああ最高だな。アド薫は最高だな。


1話の時点で薫がものすごく可愛くて「薫はもしかしたらあの時生んだ私の子…?」って本気で思った。
生まれたことはあるけど生んだことはないのに。
羽風薫、おそろし〜子っ♪(あんスタ風に)


■2話
出零晃だ〜〜!!攻めるねハピエレチャン!!!!
普段軽音部室で二人だったり、わんこ付きまとってるから二人でいるの普通なんだろうけど、こういう風に二人だけの会話見せられるとすっごい興奮する。性的興奮を覚える覚えないよ。
ああ〜この時期ユニット活動多いし先輩もちゃんと出てくれてるし晃牙くんは機嫌いいんだな〜
なんてニコニコしてたら

「何を苛々しておるんじゃ」

苛々して…いらした?あっ…そうなんですか…朔間零さんにはおわかりになる…あっ、はい…失礼しました〜……マジカヨ
この台詞の前の行動が頭を撫でるって行動だったんですけど、ひょっとして苛々してないときはわんこ大人しく撫でさせてる…??あっ…そうなんですか…大人しく撫でさせて…あっ、はい…失礼しました〜……マジカヨ

ここで晃牙くんの「何でそんなにくたびれてんだよ…」という台詞があり、後半薫に「何でそんなに老いてるの」という台詞があるんですけど、これはどう分析すればいいのかな?
それを言ったら今回「どっかの誰かさん」多用されていたし、同じ台詞を別キャラでも使うこと多いですけど。
あんすは筆者の力量なのか狙ってるのかわからなくて少し困る。
前も言ったけど晶に文章力があるとは思っていません。



開花前の絵を見た時、アド薫の民なら誰もが歓喜したことと思う。
これは何度も夢に見た

「アドニスくん表情かたいよ〜。ほら笑って笑って!こんな風にさ♪」
「こ、こうだろうか?」


という薫の笑顔レクチャーが公式で見られるはずだ、と。
ダイヤを砕く手が震えたことだろう。
そしてそれは現実になった。
「こっちにおいで」・アドニスの苦手なコーヒーというオプション付きで。
一番のオプションは


「思いの外にかわいい」


である。
しにたい。
夢だと思い頬をつねろうとしたが間違えてタップした。
先輩する羽風薫がそこにいた。
穴を掘った。
これは、アド薫の私の墓。
おやすみなさい。




あんでっどだからしねなかった。
もう、すごい。二次創作かと思ったら公式だよこれ。恐ろしいことがあるもんだなー!!
アド薫って視点じゃなくても、先輩してる薫はぐっとくるし、「まだ二年生なんだし」とか、人にものを尋ねるとき自分から先に答えを言うのもとても良かった。


■3話
「わんこ」ボイス…(地球を割る)
3話は細々と可愛くて困りました。
薫は零を聞き上手といい、零は薫を聞き上手と言ってるのとか、
薫が零晃いると賑やかになるねって言って、家のこといつも静かだから賑やかなの羨ましいって言ってるから、薫UNDEADにいるの好きなのかも とか、
アドニスもみんなといると実家にいるような安心感 とか、
お姉ちゃんトークに花咲く弟'sアド薫 とか、
可愛かったなぁ…
わんこ着替え終わってるのに制服のままの零2Dにも笑った。ポンコツ!

地下ライブハウス背景をUNDEADで見たかったのでそれが叶ったのも嬉しかった。


■4、5話
サマーキャンプでアドニスは行儀を異様に気にしてたのに、作法など気にする余裕がない環境で育ったのがちょっとよくわからない。
でも「誰もとったりせんから、ゆっくりお食べ♪」が幸せすぎたし、零アドのテンポに苛々しちゃうわんこも可愛すぎたのでよし!

晃牙くんがなずなに感じてること吐露したのとても良かったです。
晃牙くんの人の気持ちを量れるところはとても素晴らしい長所だ。
想像力がある人大好き。

ここに出てくる夏目の話。
夏目は絶対に朔間零を害さないし零晃も害さない存在だと思ってるので心配はしてません。
「会うたびにイラッとすることを言ってくる」
って会うたびに話しかけられているのだろうか?
夏目は晃牙くんが零にいさんを害さないか確認してるんだと思ってる。
そんなことするわけないのに探ってくるから晃牙くんはイラッとするのかな?
それが
「あの子は我輩たちが言えんことを代弁してくれる」
「たぶん意図的にな」

かなあ?晃牙と夏目が話してる現場見ないとわからないけど。
この「我輩たち」は「奇人たち」でいいのだろうか?
でもなんで晃牙くんに「憎まれ口ぐらい、我慢して聞いてやっておくれ」って我慢させるんだ?
晃牙くんに我慢する義理はなくない?関係ないでしょ。
これを我慢させるなら朔間先輩は晃牙くんを自分のものだとしっかり認識してるってことになる。
いやちょっと違うな。
夏目の発言は「憎まれ口」でそれは「意図的な代弁」。
それを晃牙くんは我慢する。「我慢してやる」んだから晃牙くんのほうが立場は上。
うーん。見えそうで見えないな〜


えへへへへへっていうか5話なんですけどお〜〜〜〜〜
私何だか朔間先輩の匂いが濃厚な棺桶で寝かせてもらってたみたいでえ〜〜〜〜
えへへへへへへへへよだれ拭いてもらった上によちよちまでされちゃった☆てへ☆
ハッピーーーーかよおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!
私は羽風薫の母で朔間零の赤ちゃん…


■6話
羽風薫が卒業後もアイドルを続けることは「勘当覚悟でいけばなんとかなる」ことだった…
どうしよう…どうしよう…そんな決断をして、未来をUNDEADに捧げてくれてたんだ…返礼祭の輝きが増す。
どうしてそこまでしてくれたんだろう…っていう一端がこのストーリーで見られるんだけど。
ええ〜…返礼祭での薫の行動の重みが増して…ええ〜…薫大好き。

2話からそうなんだけど、今回のラジオの仕事を二枚看板は「アドニス(後輩)に経験を積ませるため」と位置付けてるのがイイ。
二枚看板って絶対二人だけで仕事の話し合いの場を設けてますよね。
時系列では後になるけど遊園地の時。
朔間先輩は起きた問題を羽風先輩だけに先に相談してるんですよ。
今回も後輩二人に経験を積ませることが一番の目的で、薫ものんびり登場するし、朔間先輩も理由をつくってあまり出しゃばらないつもりだった。
その打ち合わせをちゃんとしてることが読み取れるじゃないですか。
朔間さんは薫くんのこと子ども扱いなんてしてないよ。

わんこのラジオは可愛かった…ポンコツニスも可愛かった…なんだこの大天使達は…
ハンドサインでの指示の冷静さとトーク内容のがおがお感に差があるので晃牙もキャラつくっとるやんけ!!
歌いだすニスとか可愛すぎだし、これ聞いて大笑いしてる子いると思う。
「ガミさんもオッさんもなにやってんだ〜?いいぞいいぞ☆」って笑ってる子。


■7話
チャーシューのくだりでものすごく笑ったので、アドニスは包み隠さずこのキャラで売っていけばいいと思う。

二枚看板のラジオもかわいすぎ…
仕事たくさん入れられたって拗ねてたけど、参加してるからたくさん仕事が入ってるって実感するんだろ…
海賊以降、薫は精力的に活動してるんですよ…うう…最高…
プリクラ要求は某ホッケ〜の中の人で笑った。

そして再びアド薫のターンがくるんですよね(穴を掘りながら)
私「こっちにおいで」って台詞が死ぬほど好きなので同ストーリー内で2回も聞けて地球割りまくるしかなかった。
薫は完全に幼稚園の先生だったけど、初恋が幼稚園の先生なんてよくある話だよ…ね、アドニスくん。
園児ニスと先生薫本出します。

一番の爆撃は

「これから先も、俺らは仲間としてやっていくんだしさ」

「独りじゃないんだしさ…『ユニット』なんだから、失言しても俺らがフォローするし」



なんだこの羽風薫は…
この言葉あまり使いたくないから本当の意味で使うけど 羽風薫、尊い。


■8話
アドニスがアイドルを目指した理由が判明します。
アドニスのあたたかい気持ちがあたたかい言葉になって吐露されていく様は…言葉に出来ない。
私はUNDEADが好きだから、そのUNDEADのメンバーが
「UNDEADの一員になれて良かった」「こんなに、あったかい」
と言ってくれるのは言葉に出来ない喜びなんです。
本当にあたたかい言葉で紡がれていて…あんスタ好きな人にアドニスの気持ちを知って欲しい。
うちの子はこんなことを考えているんです。いい子でしょ!
とっておきの、自慢の、いい子なんですよ。うちの子はみんな。
日本にある『音楽』の中で、一番人を笑顔にしていたのは『アイドル』だったんだね。

言葉を濁したこと、父母は無理を言って一緒になったこと、「恵まれた身の上」からアドニスは王族だろうと勝手に決めた。
ユニット衣装でアドニスだけ金属がオール金なのずっと好きだったんですけど、王族だからと思うと余計好き。

お姉ちゃんたちがアドニスが激戦地を巡ることに怒るってのすっごく良かった。
やっぱりアドニスは愛されていた。
アドニスはちゃんと姉の愛に気付いているんだろうか。
今は若いからまだ気付かなくてもいいし、アドニスはもうすぐ絶対に気付く。


■9話
ずる零。
謎めかせて遠ざけてる自覚があるって悪質だよ。意識的にそういうことをする。
その上またずるい言葉を…
ずるいんだけど、ここでの零とアドニスのやり取りがものすごく好きです。
8話で、アドニスの夢はアドニスのものだからUNDEADは巻き込めないと言っていたけれど、零の「くっくっく、夢が広がるのう♪」はアドニスの夢を拾ってくれた瞬間な気がする。
いくぜUNDEAD!西洋のお化けだから海外だってホームだぜ!

9話は本当に仲良しUNDEADでまたもや言葉に出来ません。
こんな幸せがあっていいのか。
最後の薫の台詞は、知ってたけどちゃんと聞きたかった台詞で…ありがとう。ありがとう。



に〜ちゃんの描写もね〜…
なずなPに読ませたいと思ったらイベになずないるからPは回してるはず!良かった。
なずな、棺桶を引きずって零を運んできてくれてありがとう。
薫に「サボってなんかいないよ」って言ってくれてありがとう。
そんな風になずな自身のことにももっと気を配って。大丈夫だよ、なずな。



狩猟の腕(=殺生)はあるアドニスが夢物語を紡ぐことで殺生をやめるという話なのでちゃんと『千夜一夜』でしたね。
カード名的にシェヘラザードは薫。逃れようのないアド薫っ!!
なーんて、実際は零だし、UNDEAD自体がアドニスにアイドルという物語を与えてくれるシェヘラなのかな。
アド薫だけどね(しつこい)
ここでアドニスは薫に恋をしてハロウィンで決定的なものになり修学旅行裏で実ったとみた。
黙ります。


アドニスをちょっと掘り下げて、だいぶ成長した薫とUNDEAD達の関わり合いの話でした。
結末(返礼祭)を知ってるからこそ幸せも倍で、胸が温かくなりました。
UNDEADはこの4人でこそUNDEADで、それは運命なんだな…
それぞれが作用しあって輪になってるので他の誰も求めないし認めないよ…
あんで鎖国派大勝利です。
「うちの連中」とかUNDEADを自分のものと考えてる発言が多くて最高だぜ。

パティシエでKnightsはお互いの自宅の方向も知らない仲っていうのが、今のKnightsを見てるからこそ大好きなのですが、今回の千夜一夜はUNDEADのそれでした。
お互いに知らないことがまだまだある。
それを一緒に歩いていく中で一つ一つ知っていく。
一緒に歩いていくからこそ知ることができる。
その過程の物語。
次に薫がアドニスに飲み物を買う時は、缶珈琲は選ばない。きっと。
やっほー!キャンプに花火に海の家っ!楽しい夏休みだったネ☆
もう9月じゃ〜ん!9月はね〜カスミちやんの誕生日があるよお〜♪


ってきゃぴきゃぴ出来てると思うか?平常心保ててると思うか?頭まともだと思うか?
狂ったわ。ころされたわ。地球13個割ったわ。抑えた方だわ。血液がマグマのようだったわ。もはや私自身が地球だわ。マントル大旅行だわ。しんだわ。
ハピエレはすぐあんでPをころす…不死者だからって容易にころす。
そうだよ私は朔間零Pで朔間零の夢女。生きているわけがない。
感想書きます。
朔間零過激派に恥じぬ発言含みます。


■魔法使い
英智の失敗と救済の話でした。
自分の解釈がほぼ間違っていなかったと自信を持てる話だったので嬉しかったです。

あんスタって『青春』の話で、何を想いどう行動し『青春』を送るのかを見ていく話だと思います。
今回つむぎが
「難しいことは大人や偉いひとが考えてくれるでしょう」
「まだ高校生なんだし浮かれて騒いで青春しましょう」
と言ったように『青春』って先のことなんて考えなくても許してもらえるとても短い無邪気な子どもの期間。
馬鹿げているけど人生の中でとてつもなく大切な期間。
メインストーリーでは英智と敬人の『青春』の解釈がはっきり分かれていましたね。
何度も言ってると思うんだけど、英智は環境と時間が子どもである事を許してくれず周りの誰よりも早く『大人』になってしまった人なんです。

そして朔間零も。
零はとても面倒見がよく、責任感があり、人のことが大好きで放っておくことが出来ない。
駆け回って成すすべもないまま転落させられてしまった。
先のことはわかっている。信頼している友の気持ちもわかってる。
その友が『奇人』の悲喜劇を自らの死で終わらせるというなら、それをきちんと見届けて、償いに自分の『青春』を捧げる。
何故捧げるか。
「学院に俺のやるべきことは残ってね〜な」
学院は『青春』の箱です。

『青春』を終えた『子ども』は『大人』になる。
老いるのです。


・英智
今までもそうだし彼に限らずだけど、過去の発言というのは必ず自分に返ってきます。
英智が過去にした発言・行動は後にその身につきたてられます。
今回も色々な言動がトリスタに覆されていました。

私は英智の本当に欲しいものは絶対に手に入れられないところが好きです。残酷でごめんね。
命は手に入らない。
渉に憧れてなんてもらえない。
才能なんてない。
勝負には一生勝てない。

そんな英智が手に出来そうだったのに、大切なものを手に出来そうだったのに失敗した。今回。
それすらも『奇人』に見透かされているなんて憐れで無様だ。
零の呪いがかかった時点で英智は負けてたんですよね…
アプリでは描かれていないけどvs渉が終了した舞台で英智は倒れ渉に支えられてるじゃない。
この時、もうつむぎは支えてくれなかったんだ…

それでもちゃんと希望があるところが…
英智に対して希望がある理由は「君の夢は全否定されて踏みにじられるほどには悪じゃないから」これなんですよね。
これも!何度も言うけれど英智にはこのやり方しかできなかったんです。
で、私は『いつか自分を殺してくれる存在を待っている。そこまでが英智の革命(現れない場合はそれも運命)』だと思っているので、その『余裕』は『隙』になり英智を殺してくれます。
トリスタに落とされた『皇帝』の『青春』は完全に終わり、そんな姿を夏目は『ボケ老人』と言います。
「一年間かけてじっくり刻み殺す」と舞台から降ろさせない。『青春』をつかませようとしてくる。
そして桃李。
もうね…お金で動かない存在がそばにいて憧れていてくれる理由が
「大好きだから」
これです。これ本当に最高だし、今の(革命後)英智はこの言葉をきちんと受け取ってくれるんですよ。
桃李の気持ちは英智の生命になるから。
英智は桃李の にいさん なんだな。


今回一番うわああああってなった台詞は
「ずっと叶えたかった夢に、もうじき手が届くんだから」
です!『ONLY YOUR STARS!』

零とのやり取りに関しては「返礼祭読め」って思いました。


・つむぎ
あんスタに初めてはっきり『壊れた』キャラがきてしまった…
ストーリー内で言及されていた通りですよ。
というか彼がどうしてこうなのかなんて簡単な話で、夏目には今は幸せだよなんて言ってたけど、実際は「嫌なことがありすぎてもう傷つく部分が残ってない」だけで、傷に慣れてしまってそれがフラットな状態になっただけでした。
「地獄には底なんてない」と言う通り、地獄に住んでいるんだ…
そんな彼が英智の契約書であれほど傷ついたのは…これ、結構…キツい話な気が…

でも最後はどうなんだろう?
彼もまた変わったのだと思いたいけど真実が見えないキャラだからなぁ…
断髪イベくるのかなぁ…

「憎いなら俺を殴ってくれて構いません」って言ったから夏目は暴力ふるうんですかねw


・夏目
大好きだヨ。当然でしょウ?
いい子で…大好き。
奇人って人外の才能を持った誰よりも人間である神だよな…
私全然考えてなくて、気付いてあっ!ってしたんですけど、あんスタにおいて『一年生』って何も知らないが故の『希望』なんですよね。
一年前だと夏目は『一年生』で、奇人達の『希望』になるんですよ。
だから奇人達は先輩として夏目を守った。かわいい愛し子を。

「孤独な独裁者がとりこぼしたものを拾い集めて今度こそ世界中に愛の花を咲かせよう」も良かった。
英智が失ったつむぎと存在を知らなかった宙の事でしょう。
あときっとその他いろいろ。
今後のSwitchの活動が楽しみだなあ!


・渉
強い人だと言っていいのだろうか…なんという役者なんだろう…
ここでこれだけ強い、役者の渉が怪盗では…ああ…もう…
あと夏目を「あなたは普通の良い子ですよ」と言ってるのが…
渉の言う「普通」って「秀でたものがない」って意味ではないのではないだろうか…

友への別れの言葉が…辛くて。何故そこまで言わなければならないのか。
倒された後も一緒にいちゃこの『悲喜劇』の意味がなくなるからか…
渉は零に「わかってるから」と言われてもなお罪悪感を抱くのか…喧嘩祭を読んでください…
渉も『青春』を終わらせてるっぽいんだけど、『青春』を演じられる人だから…
あのね、本当に渉に関してはまとまらないことばかりです。
これだけは触れたいのは英智への「ありがとう」。
「ありがとうございます」じゃない、「ありがとう」。
これは役者でも奇人でもない、人間の日々樹渉が発した、友との出会いへの感謝…

渉好きだ…絶対に幸せになってくれ…
そのためにはホッケーマスクと友也くんを手放しちゃだめだ。絶対に。


・零
ううううううううううううううううううううううううっうううううう〜〜〜〜〜うううううううううううううううううううううううううっううっうううううう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
過去零初登場が☆3っていうか過去零ビジュアルうううううううううううううううう
もう…助けて…つらいんですけど;;;;
私の気持ちわかります?わかんないよっ!朔間零が本命じゃない人にはこの気持ちわかんないよっ!!自分の推しでやられないとわかんないよっ!!!あああああああああままああああああああ…あ…あ……


あのね、あのね、ストーリー読み終わって一番に感じたことはね、本当にね、私はこの人を好きになって良かった一番好きで良かったこの人のことをずっと好きでいられて良かった一番好きな人がこんなにかっこよくて思ってた何倍も何倍も素敵な人で良かった良かった!ってね本当に もう 泣けてきてね…かっこよかった。
この世で一番カッケ〜が過剰な言葉じゃなくマジでそうで、晃牙くんやるじゃん!

朔間先輩がぶっ殺されてなくて良かったです。
朔間先輩にとっては「何も出来ない」ことは最悪だろうけど、戦いを回避されるほどの存在で良かった。
でも不戦勝って効果ないと思うので、それなりの酷いことはされたんだろうなってのと、零に関しては蓮巳が担当してそうなのが…多分蓮巳の責任感。
つか小刻みに留学を繰り返したことが留年に繋がってるなら、『朔間零』の留年は英智にとって大きな痛手じゃない?
そういうの含めて絶対ただじゃ転ばないのかっこよすぎ。

生徒会長の件ですけど、会長にするのも作戦ですよね?
零の性格を利用して生徒会長の椅子に座らせた。
何でかっていうと、英智が生徒会長になった理由を
君には言うまでもないだろうけど誰もその席につきたがらないから」
と言っているから。
「言うまでもない」ということは 零は理解できると確信している=零も同じ境遇 で「誰も席につきたがらないから」「共感し同情し手を差し伸べる」零は生徒会長になったのでは?と。
「生徒会を復活させた蓮巳」だからこれは英智たちの筋書き。
直接殺さない分「生徒会長の座を引きずり下された」というシーンを挿入したかったんでしょう。センセーショナルだものね。

あと面白かったのは「敬語で喋れよ優等生」「呼び方はなんでもいい」かな?
敬いは序列で呼称は権力なんだ、朔間零は。
「零くん」でいいっていうのはある程度並び立ってるって意味なんだなぁ。
なんであんなにつむぎのこと気に入ってるんだろう。
それも性格ゆえかな…

もう朔間先輩本当にかっこよくて…嬉しいです。私は嬉しい。
もう少し酷い人だと思ってました。
ここから今の状態になってしまうのはわかりやすい『老い』だと思ってるんですけど。
というか晃牙くんが言うには「弱っていった」はずなのに元気に見えた…
のは!英智という敵の前だったからでは?
現に渉は「めっきり老け込んだ」零とすれ違ってます。
晃牙くんは弱った姿を見ることが出来る存在なんだなと思うと、ちゃんと信頼されてるなって…
夏目をかばったくらいだから晃牙くんも「名代として踏ん張ってた連中」にはいれなかったんでしょう。

零晃の民だから説得力ないと思うけどこれは零晃の話じゃなくて、尊敬できる人間とその人を世界で一番尊敬している子どもの話です。
大好きな人が弱っていく様を見続けて、ある日その人が自らの手で『青春』という宝物を捨てるんです。
それに対して子どもは怒りますよね。大好きな人の大切なものになにしてんだ!って。
大好きな人の青春を奪ったその存在を許しません。
だから言います「ぜって〜殺す!吸血鬼ヤロ〜!」。
それを殺せばそいつに囚われた大好きな人を取り戻すことが出来るから。
でもその存在もその人なので「嫌い」とは言えない。

朔間零が青春の中にいないのは海賊の「青春を取り戻せるかも」発言よりです。
取り戻すということは失われているということなので、朔間零は『青春』の中にいません。
でも取り戻すという意思が生まれた。
まだ『青春』の資格があるんだと気付きます。
気付かせてくれたのは動き出した時間と友と仲間。

朔間零の『青春』はわかりやすく口調で判断します。
だからハロウィンと返礼祭で朔間零は『青春』を取り戻してる。
他人が自分を想ってしてくれる行動って力になる魔法だから、閉ざされた扉だって開きます。
ハロウィンでは転校生ちゃんと晃牙が。返礼祭ではみんなが。
与えたものって戻ってくるから、だから、返礼祭ってほんとに…
(ちなみにつむぎが「英智くんが死に物狂いで勝ち取った栄光を、本人が味わえないなんて『あんまり』ですよ」ってハロウィンの晃牙くんと同じこと言ってるんですよねーー……)


返礼祭最高だと思ってますけど、色々考えてたら、憧れの人の口調を真似て、その人の変化を受け入れられず取り戻そうとする晃牙くんってものすごく危うい子なのではと思ってしまった…
自我を他人に依存させてその依存先の変化も死も許さず取り戻そうとするって…
晃牙くん根はいい子で陽属性だと思って る けど、朔間零へ対する感情もそうなのか?本当にそうなのか?否定できるかと言ったら…私は出来なかった…朔間零に対しての感情が特殊なんだもん。
がっかりして去ることもせず想い続けた一途な子なのか、
自分の核を他人に依存させて変化を受け入れられない壊れてしまってる子なのか。
陽属性だと思いますけど、陰属性の晃牙くんも…ねえ…
陰属性の晃牙くんだと返礼祭はメリバです。



はー今回のストーリーでたくさんのことがわかって少しほっとしました!
『三奇人』になった理由もわかったね!
レオが奇人にならなかった理由は、レオには『Knights』という自分の外側に大切なものがあったからだという解釈もあたりでしょ?やったね!
すごくどうでもいい部分だと、朔間先輩に「晃牙ぁ…」って呼ばせてる漫画描いてたので、「渉ぅ」は解釈あってたー!ばんざーい!でした。
ねちっこくやらしくからかうように呼ぶとこあると思ってたよ!サンクスサンクス!



私朔間先輩が大好きで、朔間先輩を傷つけるモノ全てを僕は絶対許さない<ハジマリ>のクロニクルなんですけど…やくざなんですけど…
あとあんではあんで最優先であんで以外のヤツがあんでに触ることを許さないあんで鎖国派なんですけど…
好きとか嫌いじゃなくてね?朔間先輩がどう感じたかも関係なくね?私が「コイツは朔間先輩を害した」もしくは「コイツは私の中の朔間先輩を害した」と感じたら潰すんです。好きとか嫌いじゃないの。好きだろうと潰すの。海の家も潰したもん。
だからね、悪いけど英智とつむぎは潰します。ごめんね。
特につむぎは危険だし(口にもしたくない)「いつかお礼をしますね」と言っておきながらああだったからね、ごめんね。好きだけど潰すね。



ブログなりTwitterなりで感想を書くけど、これは私の勝手な妄想であって他人の代弁ではないです。
上手いことも綺麗な文章も私には無理だけど黙っていられなくて自分をすっきりさせたくて嘔吐してます。げろげろ
私のげろを自分の代理にしないでどんなだろうと自分の言葉で伝えてくれ。


じゃあおれは零晃描くからよう!達者でな!
Twitterで会おうぜ!会ってよ〜さびしいよ〜〜
キャンプはなびーチマッチの感想もきっと書…く…??



やっほーみんな元気?私は体調鬼悪な中サマーキャンプにきてるよっ☆
かれぴっぴが「次の墓場はここじゃよ」って連れてきてくれたのっ☆
……頑張ろうな。

アニメの感想も書きたいのにそんな時間があったら絵を以下同文です。
あんスタに休みはない。感想を書きます。


■天の川
何でもらえたかわからない地下ライブハウスの背景が使われたぞー!あんでで使われると思ってたぞー!
とうとう宝物庫に触れてきたのと、マド姉ェに関する重要なことがさらっと。

あんガルにバンドやってるオッドアイの子いるの?


・宗
マリオネットでの『なずなを傷つけたくないのに傷つけてしまうから逃げる』から好きだ好きだとは思っていたけれど、大好きだった。
頭を思いっきり殴られた気分。
宗はプライドが高いから倒されて駄目になったんだと思ってた。
もちろんそれもあるんだろうけど、そうじゃなくて。
この人はなんて言って怒ってた?どんな怨みをぶつけてた?
自分と友が奇人にされたこと、青春を奪われたことを怒ってた…
友達のために怒ってた…
宗は自分の世界が絶対なので、その世界に在ることを認めたものは自分のものとして愛するだろうから、これが『他者への愛』と言えるのかはまだ少しわからない。
けどこの人が駄目になったのは、友達が蔑まれ、弄ばれ、破壊されたことが大きいのではと思った。
今回も宗は負けたけれど、負けを『想定』することが出来てる。
負けず嫌いで負けが嫌いなのも確かだけど、負けを受け止めることが出来る人なんです。すごく悔しがるしぼろぼろにはなるけど。(繊細だから)
でも冷静にfineの今後を想定してる。
だから粛清も堪えたには堪えただろうけど、要介護になるほどの打撃ではないのでは?って今回思った。
『開陳』でぶちまけられた怨みなので、あれは本当の本音じゃん。
(話それるけど『開陳』ということは宝物庫は物理でなく精神的なものだと確定)

「僕は忘れない、そこにどんな大義があったとしても!」
「君にだけは絶対に、青春時代を『良い思い出』として振り返ることは赦さないッ!」

これが特に好き。その通りだ…
ものすごい衝撃を受けた。この人にここまでの気持ちがあるなんて想像していなかったから。
勘違いしてた。理解してなかった。
よく考えたら『人形』を操る『人形師』は『人間』に決まってるし、芸術家に感情がなければ何も創り出せないんだ。
この人はずっと誰よりも人間なんだ…

英智は憎しみと妬みで出来てる生き物で、人の憎しみが大好きなんだよ。
英智は手の届かない憧れと畏怖を『奇人』という言葉の檻に入れて『神』にした。
神は人を『愛し』人は人を『憎しむ』から、英智に憎しみをくれる宗はもう『奇人』ではないし、零・渉・奏汰は『奇人』であり続けてる。
宗は何も変わっていないのに、英智は宗を変える。

今回の宗を単純に『優しい』と思うのはちょっと浅はかとも思うけど、私はやっぱり『優しい』と感じる。
マリオネットでは当然酷いなと思った。
けどマリオネットは前置きされている通り『なずなの記憶』で、全てが真実ではなく、それぞれに立場と言い分がある。
ヴァのパフォーマンスが変化しているとみかが言っていたけど、それはつまり宗が変化しているということ。
みかに酷い言葉をかけながら、茨の道をともに歩んでいるのは何故だ。
宗は不器用で素直じゃなくて優しい人だと私は思う。
周りが思ってるよりも現状を理解していて人への想いがある。
そんなところが大好きだ。

何度でも言うけど二次元では悪行善行に等しい報いが欲しい。
宗が「神さまは平等だ」「努力はきっと報われる」と言ってるように。
彼は報酬に値すると思う。
けど宗の幸せってなんだろう。


・英智
スーパーマゾやった。
英智は死と隣り合わせで、強制的に大人になり、夢を見ることを許されず現実を見せられた存在。
でもそんなに他人に関係ない。
「学院のため」「アイドルのため」にしたって、していることは許されないと思う。
償ってほしい。報いを受けて欲しい。
全てが悪行とは言わないから、きちんと償ったならその先に、きっと誰かが何かをくれるよ。
その可愛らしい子はまだまだ足りない子だけど、英智に必要なものは全部持ってる。
桃か李に生命的な意味なかったっけ〜??

しかし、スバルに支えられることは拒否したのに渉にはもたれかかるんだよな〜
前から渉にだけはもたれかかるんだよな〜
好物は最後にとっとくみたいだし……粛清の順番…


・みか
みかは宗の青い鳥だけど、このままじゃ駄目だ。
しっかり周りを見てくれ。
誰も気付かない理解しない宗をみかはわかってやらなきゃ駄目だ。
宗が一番で宗のために生きていいから、もっと視野を広げてくれ…宗の幸せはみかが鍵だよ…


・蓮巳
はしゅみしぇんぱいさ〜英智のお願いを断ってるんですよね〜
多分うさぎたちを潰せ的なお願いをさ〜
はしゅみしぇんぱいってものすごく優しいんですよね〜
筋が通ってるっていうか〜
梅雨払いで感じてたけど、蓮巳って頼りにはしないけど人をすごく信じてる人で、だから時に足元をすくわれたりもするけど、色んな人が蓮巳のこと好きで「この人に応えたい」と思ってると思う。
学院一人望があるよ。
すごくいいよね。



もう宗が…宗の怨み言が本当に…
何故この人が幸せになれないんだと悩んでる。
なずなもクロもみかも宗を理解してない。
一番理解してるの、奇人達だなって奏汰との会話で思った。
早く奇人を救ってくれ。

あと渉だ!渉!
友と対峙することに痛みを感じてるんですよ…「痛みを快楽に」って言ってるでしょ。
零と渉の絡みがないのって、そういうのあったりするんじゃ?
渉って奏汰を避けるために噴水に近寄らないようにしてた男ですよ…
零も渉がfineに入ったことを「処世術」って言ってて、これ朔間先輩で唯一嫌いなとこなんですけど、なんでそんな言い方するのかな?って不思議で嫌だったんです。違和感があるんだよ。
奇人の親玉と渉になんか…なんかあるなら…納得する。
五奇人は今もお互い友だと想いあってるけど、誰かが誰かに負い目を感じてたりしてて…なんか悲しくなってきた。
卒業式の日、親友5人で笑いあって「じゃあ、またの」って別れていく姿が見たい。
だめ泣く。


じゃあ、私キャンプに戻ります。
動向次第では初めてランボ☆5狙う…取れるようなデッキじゃないんだけどよう!
ダイヤも11月まで☆4零以外には使わないと決めてたけど残り145個までは使っていいことにする…


やぁだぁ〜ブログちゃん元気してたぁ〜?
おめーが書かねーからしんでたよ。
え〜ほんとにぃ〜?私も体調最悪で冗談でもしぬとか言えないくらいだよぉ〜(*^o^*)σ
でも…体調悪くても絵が描きたくて…ほらドリフェスは駅伝だけど絵を描くことはマラソンだから…ハァハァ…

世間はあんステで賑わってるけど私は三次元には屈しないし本当にわんこのマウスパッドが欲しい。
あ"?わんこ役のあかざーくんはスペクラだろ?スペクラとアミュに関しては三次元だとしても摂取していいことにしてんだよ文句あっか??
つーか普通にわんこのマウスパッドが欲しいだけだしな!どんな、とかどの次元のとは言ってねーだろ!!
まったく…あかざーくんだけオフショ写真もかき集めてるとかうかつに言えねーな!


っていうか6月に入ってからブログ書いてなかった。面白い。
そりゃイベントも二つ終わるよ。
感想書きます。テキトーに書いちゃうけど許して。


■スーパーノヴァ
『流星隊』のことがわかって良かったです。
やっぱ○代目流星隊でデビューしよう!離れないで欲しいよ!

・奏汰
今回で奏汰も一歩進んだけど、喧嘩祭前なのでまだ水の中に沈んでる状態なんですよね…
零にとっての晃牙、渉にとっての友也、宗にとってのみかのような存在が奏汰にも欲しくて、一番お世話になっているように見える翠にその役割を担って欲しいってずっと思ってた。
ルール通りだと部活の後輩であるそーまきゅんなんだけど、悪いけどそーまにその甲斐性があると思えないから。
でも流星隊は『5人揃って』流星隊なので、奏汰を救うのは一年3人かもしれない。
奏汰に『わけのわかんないいきもの』って言ったのは多分英智だよな…英智は大衆の代弁をしただけだけどな。
奏汰は自分自身のことを「ぼくのことなんか」と言ってから続けてるのでこれが奏汰のウィークポイントなんですよ。
ただ一年3人は奏汰のこと「わけのわかんないいきもの」だと思っても嫌悪なんて抱くわけがないのが〜〜〜!!こどもたちはいいこでちゅね〜〜〜〜〜〜!!!!!
もうこれだけでも奏汰にとっては新しい切り口だし、救いになるはずなんですよ!
救ってやってくれ…クリスマスで救われた感じあまりなかったからゲームあんスタ内では厳しいんだけどさ…
夢ノ咲は3年が傷を抱えて、2年が蓋をされ鬱屈し、1年がきらきら純粋な希望なんだ〜!

奇人達を救うってのはね…「人と関わることはただの暇つぶし」なんて孤独の思考を殺すことが『救う』ってことだよ…
奏汰も、渉も言っていたけど『暇つぶし』は奇人達の性質なんだろうか。


・翠
クラスメイトとの対比がめっちゃくちゃ良かったしこういうのド好み。
道を間違わなければそっち側だった翠と、間違えてしまって進むしかなくなって戸惑っているアイドルの翠と。
でも「あいつと俺の、いったい何がちがうっていうんだろう……?」ってなあ!
「神さま……。俺とあいつの、いったい何がちがったっていうんですか……?」ってなあ!
お前には才能があるんだよ!Talentだよ!
大事にして…その星はだれもが持ってるものじゃないって知って…


・千秋
確かに馬鹿は馬鹿なんだけど何も考えてない馬鹿じゃなくて、人を想って行動しているところが今までもこれからも好きだよ。
千秋はきっとささやかな、もしかしたら気付かず見過ごされてしまいそうな親切にも絶対に気付く人だよ。
私はそういう人が大好きなんだ…
あなたがヒーローだというのなら、誰より幸せになってくれ千秋。


・弓弦
弓弦の本当の願い…!
あ、あ、あ…元ヤン弓弦の過去を見せてくれとは言わんから彼の激情本心をさらけ出すイベントきてくれ…!(嵐ちゃんも)


■梅雨払い
七夕と喧嘩祭のプロローグ。
おいおい陣敬流行るな?これ!って興奮してたけど全然流行ってないっぽい。われ、ふふく。
ゆうたくんの靴下が判明したのは収穫だった。
これ即ちひなたの靴下も判明って意味だからね!

あと敬人の衣装がすぺしゃるえっちでなんでスチル正面からじゃねーんだよってマジ切れした。
なんで?なんでせっかくすぺしゃるえっちなのに正面からじゃないの?今の私には理解できないし一か月後の私にもきっと理解できない。
おいおいこの衣装あかざーくんに着せてみようぜ!!!!

宗が…好きなんです…
今回の宗…なんで出てきたのか知らないけど気遣い出来るかわいこちゃんやった…マド姉ェいなかった…
マド姉ェは宗の優しさとか本心を外に出してくれる存在だと思ってるので(だからフラワーフェスはマド姉ェ不在で疲れてた)、夏のこの時期にマド姉ェがいないのたまたまなのかヴァも進展しているのか気になって仕方ない。
ヴァの決着は冬の怪盗裏側なのでそこまでお預けやん?
でもそこで決着することは確定してるやん?
宗がきちんと青い鳥に気付いて心の底から笑うカードください。
みかも笑顔。なずなも、今度はヴァの衣装で満面の笑みカードください。
幸せになってくれ。宗の言う通り二次元での神様は平等であるべきだ。


渉って宗のためになずなを解放してRa*bitsを託したけど、やっぱり奇人の中でも特に仲良かったんじゃなかろうか。
美術鑑賞とか脚本依頼もだけど、二人とも「高尚すぎて理解できない」存在なので。
それを人から突きつけられて翼を折られた時に堕ちてしまったのが宗で、地面に足をつけたのが渉。
もうみんな幸せになってくれ…



前エントリを読み返したらあまりに酷かったので、もう一度バンドアンサンブルの感想を書こうと思ったんですが、ブログ書く時間があったら絵が描きたくて…ハァ…ハァ…絵を描くことは…マラソンだから…(しつこい)
でも鬱になったので(察してほしい)書きに来ました。

前エントリに関しては、あれはもうあれで仕方ない。
負だろうと黒だろうと歴史は歴史だ。
『コーギー』ってあだ名が気に食わないからって対抗して『リッチ〜』ってあだ名をつけ返すような、なによりまず他人にあだ名をつけるような人…狼じゃないだろ晃牙は。じゃあなんで凛月だけあだ名で呼んでいるのか。
って話をしたかった というメモだけ残しておきます。
いつか謎が解けますように。


ダイヤが欲しかったので、凪いだ心ゆえに読んでいなかったフラワーフェスとプリンシパル読みました。
あと梅雨の華も読みました。鬱です。(察して)


■フラワーフェス
渉さぁ…人の名前覚えたくないってさぁ…ほんとさぁ…好きだよ。
そう言う同じ場面で「友也くん」って呼んでるんだもん。
奇人'sと英智の名前をちゃんと呼ぶのは理解できるけど、その中で友也は異質じゃん。明らかに他のメンバーと異なるじゃん。北斗もまあちょっと異質じゃん。
だから演劇部好きなんだよね!渉が並び立ってない、言ってしまえば劣っているものに興味を持ち、(渉のレベルで)大事に育んでいるから。
メインストーリーで渉が北斗を助ける(手紙を渡す)のと、マリオネットでなずなに友也を託す時の「……このまま、何もわからないまま潰されてしまうのは憐れでしょう?」が大好きなんです。
この行為は北斗と友也の命を繋いでるじゃん…
どっちも立場的に渉は彼らを殺す側なんだよ…
つまり『2人に殺されてほしくない』ってことじゃん…
奇人達は人生を隣で歩ける貴重な同士として、英智は観賞用で、じゃあ北斗と友也はなんだよ…守り育てたい愛情を注ぐ相手だよ…渉!渉!
渉の青い鳥は演劇部…!渉!
でも弓弦が本気できたら渉は弓弦を名前で呼ぶことになるだろうな。

桃李も良かった。
典型的なわがまま坊ちゃまっぽいのに、きちんと色々理解してるし、自分の欲を大切にしていて芯もあるのすごくイイ。
奇人たちが真っ当だったらこうなっていると思う。
弓弦への言葉がめちゃ気になりました。
この子ここでもこんなに頑張って、さらにサーカスでああだったんかって笑う。
君はいつも頑張ってるね。

あとはなにかあったっけ?
この神崎見て返礼祭の神崎を想うと蓮巳化する以外になんかあったっけ?
宗とみかはとても良かった。


■プリンシパル
ずっと「んも〜泉ちゃんったらツンデレなんだからっ☆」って言いながら読んでた…
なるほど、こいつはツンデレだ。可愛すぎる。
泉と嵐ちゃん仲良すぎでしょ。
プロデュースなんて仲良しすぎてずっと笑てった。
マリオネット以降、泉は全部知った上であの怪盗だったんだ…って泣いてたので今回も良かった。
なずなに意地悪言う泉が好きです。

でも一番言いたいのは泉って絶対トイレの回数多いよねってこと。
休み時間の度に行くに違いない。最高じゃん。
サーカスと初詣好きな私はもう駄目だった。
あの瀬名泉が休み時間の度にトイレ行ってるかと思うと駄目だった。
名誉のために言っておくけどスカが好きなわけではまったくない。嫌いだから。
そこじゃない…そこじゃないんだよ…!!



■梅雨の華
何をおいても靴下フェチとして言いたいのが、今回の朔間先輩は靴下を白に履き替えていたということ。
返礼祭(冬服)では黒の靴下で、今回(夏服)は白。
白い靴下の方がダサくて好きなので最高に嬉しかった。
それに『朔間先輩も靴下を履きかえている』という当然でありながら忘れがちなことに気付かせてもらえてありがたく思っている。
朔間先輩だって毎日ししししし下着をかえて、ぬぬぬ脱いだ服は洗濯して、そうやって毎日を生きているんだ。
朔間先輩でも着ていれば服はよ汚れるし、その汚れは落とさなきゃいけない。あ〜〜洗濯機め〜〜〜…
靴下が白い日もあれば黒い日もあるさ。生きてるんだもの。
そう!生きてるんだもの!
『靴下が白くなった』、これだけの情報で朔間先輩がこの世に息づいていることを感じられてすごく幸せ…
いや出てないからまったく幸せじゃないんだけど。

興奮したなぁ…いやいや素足かも知れんぞよく見ろ浮かれるなバカスミめ!って思ったんだけど、いやいやこれは明らかに肌色とは違うであります!ホワイトソックスであります!って脳内上司に報告した。
冬はハイソ、夏はスリークォーターがいいです。
わざわざ梅雨の時期に白い靴下履くなんて馬鹿だと思うんだけど、そんなところも含めて朔間先輩が好き。
でもマイベスト靴下姿はいまのところティーパーティーの英智である。
素晴らしいから確認してみてね。
二番目は狂犬わんこだよ。両方持ってないよ。

梅雨の華ですけど。
晃あん・零私・零晃・軽音部後輩トリオ 全部楽しめて可愛かった。
話読んでて強く感じたのは、朔間先輩私と結婚したいんじゃないかな?ということでした。
言葉の端々から、雰囲気から、私と結婚したさを感じた。
さ、朔間先輩…私のこと好きなの…?ドキドキ
まあずっと『転校生のお嬢ちゃん』呼びだったけどな!!!!!!!名前!!登録してあるでしょ??!!呼ぼう????
あー脈ないでーす!この頃は!まだ!!!!

朔間零のダメなところを見せられると最高な気分になる。
ほんと…ダメな人じゃない????????
人にすすめられて気の乗らないことしてやっぱダメで、人に借りたものなくしてそれがどこかも忘れて、字が汚くて(絶対に寝起きだからじゃない)、寝汚くて、変なところで察しが悪くて(ハンカチのくだり)、途中でへばっちゃう朔間零ダメな人じゃない????
コミックスのドラマCDと合わせて堪能したいです。あれもダメ零だった…
基本集中力なくて雑なんだよね。B型だろ。
ダメで魔力と実力とカリスマがある朔間零最高かよ…
かっこよくて美しくて怖くて優しくてかわいい朔間零パーフェクトすぎる…大好き…

字が読めないって双子は言ってたけど「晃牙なら読める!見せろ!見せるんだ!」って叫んだ。
わんこめちゃくちゃ可愛かった…
双子の見分け(嗅ぎ分け)が出来ない理由も当たってた。謎が解けて良かった。
零晃としてもかわいくて良かった。
朔間先輩わんこをかわいがりすぎやろ…
わんこはね〜やりたくもない執事喫茶やらされた後なのと、貴重な部活の時間が削れて不機嫌なんだよね〜?
大丈夫だよ、梅雨が明けたらUNDEADも七夕参加するからね。
夏休みには海の家だよ。
思い出を作りなね。学校で朔間先輩とすごせる時間は限られてるよわんこ。ぺろぺろ。ん〜おいちい。

今回のカードで夏制服解禁くると思ってたんで、特殊衣装だったからひとまず安心しました。
夏服は半袖だから絶対に欲しい(肘フェチ)
私は腕と袖の関係性を含めた肘フェチなので、服が濡れてるとちょっとイマイチです。
通常夏服手に入れやすい形でこいこいこい!
夏服わんこかわいすぎたぞ!!エプロンも解禁しやがれ!ぺろぺろ!ん〜おいちい!



じゃあ、今回のイベントも頑張ろうね…
私は墓の中でダイヤ砕いてるけど気にしないで…返礼祭はさいこ〜だしれいこ〜だから…